teppa

鋼付について

鋼付き鉈の特徴は「強靭で切れ味が持続する」ことです。
樹へ食い込む刃先に硬い鋼を付け、そのほかの部分は軟鉄で構成されています。
鋼は最小量に抑え、整形しやすい軟鉄に挟まれているので、比較的容易に砥げて、メンテナンスがしやすく、切れ味を復活させることができます。

これらの理由から昔から使い勝手がよく、機能を維持しながら、長く、手元に置いておける鋼付きの刃物を愛用してきました。TEPPAがつくる鋼付きの鉈は、火打ち鍛造で鍛えた一生モノのアウトドア道具なのです。


ゴマやキズについて

刃にゴマのように見える、小さな「くぼみ」や「キズ」のことです。
刃を叩いて鍛えるときに材料の破片がハンマーと素材の間に入り込んでできる場合と、焼入れ処理前に表面の色付け仕上のために「ショットの窯」の中でかき混ぜた時にできる打懇があります。
このくぼみやキズは「鍛造品の証」であり、強度や使用上に問題はございません。1本1本職人が手仕事でつくる鍛造品の鉈のためご理解ください。


砥の粉と磨き跡ついて

刃厚がある刃物の場合、焼き入れ時に薄い刃先と背側では均等に熱をかけることができません。薄い刃先にはダメージを与えてしまいます。
そこで均等に熱をかけれるように「砥の粉」を付けます。焼き入れ時に刃を守るためです。均等に熱をかけることで刃の強度が上がり、より品質の高い刃物になります。通常この手間のかかる「砥の粉」を付ける作業は行ないませんが、あえてTEPPAの「薪割鉈 守門」は長く愛用していただくために「砥の粉」を付け、焼き入れをしています。

この鉈の上部に磨かれて光っているように見えるところは焼き入れ後、「砥の粉」を剥がす作業をワイヤーブラシで行ったときにできる「磨き跡」です。1本1本職人が手仕事で行ない、「砥の粉」の付き方によってワイヤーブラシの当て方を変えています。


鍛造の火入れの模様

この表面のムラのような模様は、鍛造時の火入れの模様であり、1本1本手づくりの泥臭さを生んでいます。


Back