MSRストーブメンテナンス

ウィスパーライトインターナショナル(旧モデル)

A:バーナーキャップスクリュー
B:バーナーキャップ
C:フレームリング
D:フレームリフレクター
E:ワイヤーレッグ
F:ウィック
G:プライミングカップ
H:ミキサーチューブ
I:ジェット
J:シェイカーニードル
K:フューエルライン
L:カットケーブル

クリーニング・交換方法 不具合の内容または機能
本体とフューエルラインの分解 フューエルラインの破損・寿命による交換
各部のクリーニングするときにここから分解する。
カットケーブル/フューエルライン内部 火力低下
汚れが酷い場合は燃料が流れず点火しないこともある
ジェット ジェットの穴の汚れ詰りよる燃焼不良
ジェットの穴の消耗による火力低下
ワイヤーレッグ レッグが変形したり、溶接が外れてしまった場合に交換
バーナーヘッド&フレームリング 炎を安定させるためのパーツ
ミキサーチューブ 内側にススが溜り火力低下や赤火の原因になる。
ウィック 消耗劣化による交換

※ホワイトガソリンモデルのウィスパーライトも同様のメンテナンス方法です。

本体とフューエルラインの分解

プライミングカップを反時計回りで緩めます。
プライミングカップを外しました。一緒にウィックも外れます。
ミキサーチューブからフューエルライン先端部のジェット部を抜きます。
ワイヤーレッグからフューエルラインを外します。

カットケーブル/フューエルライン内部

ジェット&クリーニングツールの穴を利用してカットケーブルを矢印の方向に引き抜きます。汚れが酷い場合は抜きずらいので、ペンチで掴んで抜いてください。
カットケーブルの汚れをウエス等で拭き取ります。汚れが酷い時はパーツクリーナーも使用してください。
カットケーブルを戻し、フューエルライン内部を約20回、約13cmほど出し入れし擦って汚れを落とします。動きが悪い場合はペンチでカットケーブルを掴んで作業を行ってください。
ジェットを取り外した状態で、内部をパーツクリーナーでフラッシングし汚れを洗い出します。

ジェット

本体とフューエルラインを分解してから、ジェットは付属品のジェット&ケーブルツールで緩めます。
指で回し最後まで緩めてジェットを外します。
ジェットを外すと中にシェイカーニードルがあります。
ジェットは付属のジェットクリーニングワイヤーで穴に詰まった汚れをクリーニングします。シェイカーニードルの先の針でもクリーニングできます。

ワイヤーレッグ

左からミキサーチューブに通すワイヤーが上向き、平行、下向きになるように並べます。
一番左の上向きの上に平行、下向きの順で乗せていきます。
重ねた状態でミキサーチューブに通します。
セット後、横から見た状態。
上から見た時、この位置にレッグを固定してください。
フューエルラインを取り付けるときは、一番手前のレッグに通してください。
このレッグに通さなければフレームリフレクターにセットできません。

バーナーヘッド&フレームリング

プラスドライバーでバーナーキャップのネジを反時計回りで緩めばらします。
バーナーヘッドの汚れは真鍮ブラシで磨きます。
フレームリングの汚れも真鍮ブラシで磨きます。錆が酷い場合は新しいパーツと交換してください。
波形状(4枚)とフラット形状(3枚)のものを交互に重ねます。

ミキサーチューブ

ミキサーチューブの内側を真鍮ブラシで掃除します。
横穴も掃除します。
先の小さな穴は綿棒で掃除します。

ウィック

新しいウィックは少し広げて癖をつけると取り付けやすいです。
ミキサーチューブの下部にウィックをはめて、プライミングカップを下から取り付けます。

ウィスパーライトインターナショナル 2012年〜

A:バーナーキャップスクリュー
B:バーナーキャップ
C:フレームリング
D:フレームリフレクター
E:レッグAssy
F:ウィック
G:プライミングカップ
H:ミキサーチューブ
I:ミキサーチューブクリップ
J:ジェット
K:シェイカーニードル
L:フューエルライン
M:カットケーブル

クリーニング・交換方法 不具合の内容または機能
本体とフューエルラインの分解 フューエルラインの破損・寿命による交換
各部のクリーニングするときにここから分解する。
バーナーヘッド&フレームリング 炎を安定させるためのパーツ
レッグAssy レッグが破損・変形した場合に交換

※カットケーブル/フューエルライン内部、ジェット、ミキサーチューブ、ウィックの交換・クリーニング方法については
ウィスパーライトインターナショナル(旧モデル)と同様のメンテナンス方法です。

本体とフューエルラインの分解

プライミングカップを反時計回りで緩め外します。
フューエルラインは下に引けば簡単に外れます。

バーナーヘッド&フレームリング

六角レンチ(3mm)でバーナーキャップのネジを反時計回りで緩めばらします。
ネジを外すと分解できます。
フレームリングのクリーニング方法についてはウィスパーライトインターナショナルと同様です。。
波形状(3枚)とフラット形状(5枚)あり、上から波/フラット/波/フラット/波/フラット/フラット/フラットの順に重ねます。

レッグAssy

レッグを交換する場合は、ミキサーチューブクリップを外します。
専用の工具でクリップの穴に先端を差し込み広げます。ミキサーチューブからクリップとレッグを外します。
Back