MSRストーブメンテナンス

MSRのガソリンストーブをご愛用いただきましてありがとうございます。
液体燃料のMSRガソリンストーブは火力が強く、冬場でも難なくお湯を沸かしたり調理したりすることができますが、そんな頼もしいストーブでも定期的にメンテナンスを行わなければ、火力低下、燃料漏れ、または点火できないこともあります。基本的には各部のクリーニングと消耗品の交換を定期的に行っていればまずトラブルは起こりませんので、フィールドでトラブルを回避するために定期的にメンテナンスを行いましょう。

特に多いトラブルはこの2つです。
  ・ フューエルポンプの燃料漏れ
  ・ 火力低下

燃料れについてはOリングとポンプシールの交換だけで改善されます。使用頻度にもよりますが、1回/年の交換を目安に交換をおすすめします。燃料が漏れることで燃料漏れを止めるためにコントロールバルブを締めすぎてポンプ本体のネジを破損させてしまうことや、簡単に発火し、火事、重度のやけど、物的損害、身体への損傷、および死亡に至る可能性がありますので、ストーブの使用を止め早急にOリングを交換してください。

火力低下についてはフューエルラインの汚れ、ジェットの穴詰り、ミキサーチューブの汚れが原因として件数が多いです。他にも要因が重なり火力低下を起こしますが、基本的にクリーニングで改善されることが多いので定期的にクリーニングをおすすめします。

あと点火できない症状で各部ストーブ本体のクリーニングを行っても改善されないとのことで修理に持ち込まれることがあります。その原因はポンプから燃料がストーブ本体に送られていない可能性が高いです。フューエルポンプのディップチューブがパッキングの際にくせがつき、燃料ボトル内の燃料が少なくなったことで、フィルターの先端が燃料ではなく上部の空気を吸ってしまうことで、燃料が流れず燃焼しないわけです。
改善方法はディップチューブを抜き取り下向きに差し込むか、くせがつき過ぎて劣化している場合は新しいパーツに交換してください。この症状は目視で確認できますので、燃料ボトルにポンプを取り付ける際にチェックしてください。

ストーブパーツ販売はこちら

交換・メンテナンス方法

交換・メンテナンスに必要な工具

戻る